Category Archives: 未分類

女性ホルモンが関係している月経周期を管理

女性の体において、女性ホルモンの状態は絶えず変化しています。
これは月経の周期にも関係しており、もしも妊娠や出産を管理したいのであれば、こうした女性ホルモンの状態を把握しておくことが大切です。
女性ホルモンにはさまざまなものがあり、その中でも妊娠に関係しているものはいくつかに絞ることができます。
特に、この妊娠に関係している女性ホルモンは、月経周期で変動しやすいものといえます。
ですから、妊娠のしやすさなどを調べる検査では、この女性ホルモンの値を見ることになります。
ただ、月経周期を把握して、妊娠を厳密に管理していくには、自分自身の体を熟知する必要があります。
そのためには、自分で生理に関する記録などをつけていく必要があります。
また、市販のものでも良いので、女性ホルモンを調べる検査薬なども活用していきましょう。
もちろん、一番確実なのは医療機関を受診することです。
産婦人科などを受診して、まずはかかりつけ医を見つけましょう。
信頼できるようなかかりつけ医が見つかれば、生涯を通して、妊娠や出産に関する治療を行ってくれます。
治療だけではなく、月経周期などの管理も行ってくれることでしょう。
ただ、勘違いしてはいけないのはこうした管理を行えるのは、結局患者さん自身です。
産婦人科の医師は、何か病気になったり、実際に出産するとなった際には、直接手を貸してくれますが、日常生活までは面倒を見てくれません。
ですから、月経周期の管理や女性ホルモンの状態をコントロールすることなどは、患者さん自身が日々の生活の中で行っていかなければならないのです。
そうした自分自身の努力をした上で、医師などの力も借りていくことが望ましいです。

女性ホルモン減少でちょび髭が!低用量ピルがもたらす効果

男女平等の現代社会、女性は家庭にいるのが当然と、誰が言えるでしょうか。女性も男性同様、ストレスフルな時代ですが、女性の身体にちょっとした異変が起こっています。それは、女性の男性化です。女性なのに、何だか体毛が濃くなってきた、口の周りのうぶ毛が目立つようになってきた、ちょび髭が生えた、頭皮が異様にべたつく…などのサインがあれば要注意です。これらは、一般的に、男性に見られる現象で、男性ホルモンが引き起こしているものと考えられています。通常、女性であっても男性ホルモンは分泌されています。しかし、環境の変化やストレス、食生活、加齢などで女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れ、女性ホルモンが減少した場合、男性化現象が起こってしまうと考えられています。ちょび髭は、剃れば何とかなりますが、女性ホルモンが減少すると、様々な弊害が起こってきます。本来のバランスを取り戻す為に、ストレスをなくし、食生活を改善するのが一番自然な方法ですが、低用量ピルを使用し、女性ホルモンのバランスを整える方法も効果的です。特に、生理周期が乱れている場合や、生理の時期をコントロールしたい場合には最適なお薬と言えるでしょう。低用量ピルの主成分は、女性ホルモンである「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」です。これらを継続的に服用することで、月経困難症が改善したり、男性ホルモンによって引き起こされるニキビ、ちょび髭、体毛などが減少するでしょう。しかし、バストアップなどの目的の為に、低用量ピルを過度に使用したり、服用方法を誤って使用すると大変なことになります。ピルはお薬ですので、当然副作用があることも考慮しなければなりません。自分自身の身体を知り、医師の処方のもとでの服用をおすすめします。

女性ホルモン配合のピルは避妊効果が抜群

最近は、時代の流れとともに世の中も様変わりしている状態です。男性と女性の付き合い方も気軽になっており、自由に恋愛をして多くの異性と出会い、交際をするという時代なのです。また、性的な問題としても同様に気軽なものになっていて、婚前に性交渉をするのは当たり前だし、付き合ってもいない相手と性交渉をする人たちもいるくらいです。それはそれで全く構わないのですが、もしも子供ができてしまったら、ということを考えるととても不安に感じてしまうものなのです。そうならないようにするためにも多くの人が避妊をしているのです。
避妊の方法としても、日本においてはコンドームを使うというのが一般的ですが、今は女性ホルモンが配合されている低用量のピルを女性が服用するということも知られるようになっています。
ピルに含まれる女性ホルモンによって、女性の生理周期を調整することができます。つまり女性ホルモンによって排卵を抑制できるというわけなのです。また、28日周期できちんと生理がくるようになっており、正しい服用ではほぼ100%に近い成功率を誇っているのです。これだけの効果が見られる方法はあまりないといっていいでしょう。もちろん、器具を長期間にわたって挿入した状態にするなどの方法もあるのですが、それは若い人たちには適さない方法です。ピルの場合では、効果が高く、さらには生理痛や排卵痛の抑制にもなるので、避妊以外の効果も期待できるのです。
このように、ピルというのは避妊薬としてはかなり優秀な薬であり、意外にも手軽に入手できて費用もそれほど高額にはならないので、服用を検討してみるのもいいでしょう。そして、望まない妊娠をしないようにしましょう。

女性ホルモンと豆乳の効果について

女性にとって女性ホルモンは心身共に関係のある大切なものです。
女性ホルモンとは、美容や健康に関係のある女性の体に必要な二つのホルモンの総称です。
エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの2種類のことです。
エストロゲンとは、女性らしさを作るホルモンで妊娠するために子宮内膜を厚くしたり、自律神経などにも大きく関わっています。
プロゲステロンとは、妊娠を助けるホルモンで受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態を作り、妊娠を継続させる働きを行なっています。
基礎体温を上げる働きにも関係があります。
この二つのホルモンの働きによって月経サイクルが行なわれ妊娠するための準備が整えられています。
女性ホルモンには女性にとって嬉しいものと嬉しくないものがあります。
ホルモンの分泌量により女性の体と心の状態が大きく変わります。
排卵前は調子が良い状態が続いていても生理前にはイライラしたりやる気がなくなってしまうなどの状態になったりします。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、生理不順が起こったり不正出血や自律神経失調症などになってしまうこともありますので改善することが重要です。
女性ホルモンのバランスを整えるためには、心身共にゆっくり休めることがとても大切です。
アロマや半身浴など癒し効果があるものを取り入れましょう。
女性ホルモンには豆乳が効果的と言いますが、大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲンに似ていることが理由です。
しかし豆乳をたくさん飲みすぎるのは返って逆効果になってしまいます。
豆乳をバランス良く摂取することで効果が出る場合もありますので、過剰摂取になることを気をつけて上手に取り入れていくと良いでしょう。

女性ホルモンと体調の改善について

女性ホルモンは、体の体調ととても関係のあるホルモンです。

女性ホルモンは、生理周期や妊娠などともとても関わり合いの深いものであり、女性ホルモンの分泌量によって、体調の改善などが期待できます。

逆に、女性ホルモンがうまく分泌されていないと、更年期障害などの辛い症状などがあらわれてしまうことがあります。

よく40代の女性が急に体がほてる、イライラする、うまく眠れなくなった、毎日が鬱のような感じがする、という症状を急に体験するようになります。

これは、20代~30代ではあまり体験したことがなかった現象であるため、戸惑う人がおおいものですが、これも女性ホルモンととても深く関っています。

毎日の辛い体調の改善には、このように女性ホルモンは不可欠なものとなっています。

女性ホルモンが少ない場合には、それではどのようにしたらよいのでしょうか?

改善する方法としては、婦人科などで女性ホルモンを分泌してくれる、ピルなどや薬の相談をするというもののほか、食べ物などから、ホルモンの分泌をうながすものもあります。

たとえば、大豆などは、このホルモンをととのえてくれる効果や、分泌をうながしてくれる効果があるとされています。

納豆や、味噌汁、豆乳などには、大豆がたくさん含まれているため、積極的に食べることで分泌をうながすという方法もあります。

また、男性でも、これらの食べ物を食べた結果、ホルモンが分泌されて、髪の毛が増えたという人もいます。

大豆や豆乳などは、体にもよいため、このように体調改善にとても効果的です。

また、更年期障害などのホルモンと関係するように、うつをなおしてくれる効果もあるため、体調の改善にとても期待できます。

女性は男性よりも痛みに強い?

女性は男性よりも痛みに強いと言われることがあります。
一見、男性は殴り合いのケンカやボクシングや激しいスポーツなどで痛みを経験することが多く痛みに強そうな印象です。
一方女性のほうがか弱いイメージがします。
痛みというのは人それぞれ感じ方が違かったり、平等な尺度がない分現しづらいものです。
女性が男性より痛みに強いと言われるのは、女性特有のものだと思います。
女性は毎月生理が起こります。
中には生理痛は全くないというかたも多いですが、中には倒れこんでしまうような生理痛に毎月悩まされるかたもいます。
また、全ての女性とは言えませんが女性は出産を経験します。
男性がこの出産を経験すると、あまりの陣痛の痛さに気絶するとも言われます。
特に、この女性は男性より痛みに強いと言われるのは、この出産の痛みに耐えられるかというところが大きいようです。
また、出産を経験すると女性は強くなります。
これだけの痛さと大変さを経験したという自信がそうさせるとのことです。
何かあると、出産の痛みや大変さに比べたら何でもないと思えてしまうのです。
また、男性は血液を見ただけでパニックになって痛さが増すがあります。
女性は血液を見ることには慣れてますので、少々はそういう面では違うのです。

なぜ人によって月経の辛さが違うのか

月経とは、子宮内膜が剥がれて血液と一緒に体外へと排出される現象の事を言います。
女性特有の現象で、ほぼ一定の周期で起こります。

月経が起こる前と起きている最中には、心と体に様々な症状が起こります。
体に起きる症状としてはイライラや緊張、孤独感や集中力の低下等があります。
また、体の症状としては下腹痛や腰痛、乳房痛や頭痛等があります。
ただし、これらの症状は個人差がとても大きく、ほとんど感じない人もいれば、あまりにも症状がひどくて日常生活に支障をきたす人もいます。

では、なぜ人によって月経の辛さが違うのでしょうか。
原因として考えられるものの一つ目として、年齢による違いがあります。
月経は一般的に若い人のほうが症状が辛い場合が多いです。
それは子宮が発育途中で未発達なせいです。
構造がしっかりとしていないので、月経痛等が生じやすいと言えます。

二つ目の原因として、女性ホルモンの分泌量の差があります。
月経は女性ホルモンの働きと密接な関係にあります。
そのため生まれつき女性ホルモンの分泌量が多いと、子宮等の活動も活発になり月経が重くなる場合があります。

他にも、冷え症で体の血流が滞っている場合や、骨盤に歪みがある場合等にも月経が辛くなる傾向があります。

月経を和らげるための方法

月経とは女性に起こるもので、子宮内膜が血液と共に体外へと排出される現象です。
人によってバラつきはあるものの、基本的には一定の周期で起こります。

月経が起きる前や月経中には、体や精神に様々な症状が起こります。
代表的な症状として、体には下腹痛や頭痛、腰痛やむくみ等が起こります。
また、精神面においてはイライラや集中力の低下、憂鬱や孤独感等の症状が現れます。

ただし、これらの症状は個人差が激しく、症状がひどくて日常生活に支障をきたす人もいれば、ほとんど症状を感じない人もいます。

月経に関するこれらの症状は、様々な方法で多少は和らげる事が出来ます。
月経を和らげるための方法として、一つ目に薬を使う方法があります。
鎮痛剤や頭痛薬等を使います。
ただし、一定の周期で月経は起こるので、そのたびに薬を使うのに抵抗を感じる人も少なくないです。

そこで二つ目の方法として、ツボの指圧という方法があります。
月経に効くツボは複数ありますが、中でも有名なのは三陰交というツボです。
内側のくるぶしから指4本分ほど上にあるツボで、ここを指圧する事で下腹痛等に効果があります。

それ以外にも、常日頃から体を冷やさないように心掛ける事や、骨盤の歪みを治す事も有効です。

女性ホルモンを適正化するために

女性ホルモンを適正化するためには、まず女性ホルモンの投与の量について理解が必要になります。
まず、女性ホルモンを適正化するために女性ホルモンの投与量なのですが、その人の体の状態や、ホルモン療法を開始してからどれくらい経っているかが問題になります。
血液中のホルモン値によって変化をするので、一概にはいえません。
その人それぞれの状態や状況によってホルモンの投与の量は変化します。
まずは血液検査をする事です。
のみぐすりの女性ホルモンを使っている人は、ホルモンの開始前に、血液検査をしない場合が多いですが、女性ホルモン注射でホルモン療法を進める人は血液検査をします。
自分が今女性ホルモンを開始できる状態にあるか判断するために血液検査は必ず受けます。
次にホルモンの投与ですが、理想は14日おきに5ミリグラムの女性ホルモン注射がいいのですが、病院によってはプロギノンデポー1アンプル10ミリの物しか置いていません。
2週間に1回1アンプルを注射していきます。
そして女性ホルモンを投与し始めてから1ヶ月が過ぎたら、血液検査を行います。
血液検査は内科や婦人科、泌尿器科でも可能です。
血液検査の結果は1週間で結果がでます。
男性ホルモン値が下がっているようなら問題がありません。
女性ホルモンの量は28日おきに量を増やすことが出来ます。