Monthly Archives: 10月 2015

女性ホルモンと豆乳の効果について

女性にとって女性ホルモンは心身共に関係のある大切なものです。
女性ホルモンとは、美容や健康に関係のある女性の体に必要な二つのホルモンの総称です。
エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの2種類のことです。
エストロゲンとは、女性らしさを作るホルモンで妊娠するために子宮内膜を厚くしたり、自律神経などにも大きく関わっています。
プロゲステロンとは、妊娠を助けるホルモンで受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態を作り、妊娠を継続させる働きを行なっています。
基礎体温を上げる働きにも関係があります。
この二つのホルモンの働きによって月経サイクルが行なわれ妊娠するための準備が整えられています。
女性ホルモンには女性にとって嬉しいものと嬉しくないものがあります。
ホルモンの分泌量により女性の体と心の状態が大きく変わります。
排卵前は調子が良い状態が続いていても生理前にはイライラしたりやる気がなくなってしまうなどの状態になったりします。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、生理不順が起こったり不正出血や自律神経失調症などになってしまうこともありますので改善することが重要です。
女性ホルモンのバランスを整えるためには、心身共にゆっくり休めることがとても大切です。
アロマや半身浴など癒し効果があるものを取り入れましょう。
女性ホルモンには豆乳が効果的と言いますが、大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲンに似ていることが理由です。
しかし豆乳をたくさん飲みすぎるのは返って逆効果になってしまいます。
豆乳をバランス良く摂取することで効果が出る場合もありますので、過剰摂取になることを気をつけて上手に取り入れていくと良いでしょう。