Monthly Archives: 9月 2014

なぜ人によって月経の辛さが違うのか

月経とは、子宮内膜が剥がれて血液と一緒に体外へと排出される現象の事を言います。
女性特有の現象で、ほぼ一定の周期で起こります。

月経が起こる前と起きている最中には、心と体に様々な症状が起こります。
体に起きる症状としてはイライラや緊張、孤独感や集中力の低下等があります。
また、体の症状としては下腹痛や腰痛、乳房痛や頭痛等があります。
ただし、これらの症状は個人差がとても大きく、ほとんど感じない人もいれば、あまりにも症状がひどくて日常生活に支障をきたす人もいます。

では、なぜ人によって月経の辛さが違うのでしょうか。
原因として考えられるものの一つ目として、年齢による違いがあります。
月経は一般的に若い人のほうが症状が辛い場合が多いです。
それは子宮が発育途中で未発達なせいです。
構造がしっかりとしていないので、月経痛等が生じやすいと言えます。

二つ目の原因として、女性ホルモンの分泌量の差があります。
月経は女性ホルモンの働きと密接な関係にあります。
そのため生まれつき女性ホルモンの分泌量が多いと、子宮等の活動も活発になり月経が重くなる場合があります。

他にも、冷え症で体の血流が滞っている場合や、骨盤に歪みがある場合等にも月経が辛くなる傾向があります。