Monthly Archives: 8月 2014

月経を和らげるための方法

月経とは女性に起こるもので、子宮内膜が血液と共に体外へと排出される現象です。
人によってバラつきはあるものの、基本的には一定の周期で起こります。

月経が起きる前や月経中には、体や精神に様々な症状が起こります。
代表的な症状として、体には下腹痛や頭痛、腰痛やむくみ等が起こります。
また、精神面においてはイライラや集中力の低下、憂鬱や孤独感等の症状が現れます。

ただし、これらの症状は個人差が激しく、症状がひどくて日常生活に支障をきたす人もいれば、ほとんど症状を感じない人もいます。

月経に関するこれらの症状は、様々な方法で多少は和らげる事が出来ます。
月経を和らげるための方法として、一つ目に薬を使う方法があります。
鎮痛剤や頭痛薬等を使います。
ただし、一定の周期で月経は起こるので、そのたびに薬を使うのに抵抗を感じる人も少なくないです。

そこで二つ目の方法として、ツボの指圧という方法があります。
月経に効くツボは複数ありますが、中でも有名なのは三陰交というツボです。
内側のくるぶしから指4本分ほど上にあるツボで、ここを指圧する事で下腹痛等に効果があります。

それ以外にも、常日頃から体を冷やさないように心掛ける事や、骨盤の歪みを治す事も有効です。

女性ホルモンを適正化するために

女性ホルモンを適正化するためには、まず女性ホルモンの投与の量について理解が必要になります。
まず、女性ホルモンを適正化するために女性ホルモンの投与量なのですが、その人の体の状態や、ホルモン療法を開始してからどれくらい経っているかが問題になります。
血液中のホルモン値によって変化をするので、一概にはいえません。
その人それぞれの状態や状況によってホルモンの投与の量は変化します。
まずは血液検査をする事です。
のみぐすりの女性ホルモンを使っている人は、ホルモンの開始前に、血液検査をしない場合が多いですが、女性ホルモン注射でホルモン療法を進める人は血液検査をします。
自分が今女性ホルモンを開始できる状態にあるか判断するために血液検査は必ず受けます。
次にホルモンの投与ですが、理想は14日おきに5ミリグラムの女性ホルモン注射がいいのですが、病院によってはプロギノンデポー1アンプル10ミリの物しか置いていません。
2週間に1回1アンプルを注射していきます。
そして女性ホルモンを投与し始めてから1ヶ月が過ぎたら、血液検査を行います。
血液検査は内科や婦人科、泌尿器科でも可能です。
血液検査の結果は1週間で結果がでます。
男性ホルモン値が下がっているようなら問題がありません。
女性ホルモンの量は28日おきに量を増やすことが出来ます。