女性ホルモンを適正化するために

女性ホルモンを適正化するためには、まず女性ホルモンの投与の量について理解が必要になります。
まず、女性ホルモンを適正化するために女性ホルモンの投与量なのですが、その人の体の状態や、ホルモン療法を開始してからどれくらい経っているかが問題になります。
血液中のホルモン値によって変化をするので、一概にはいえません。
その人それぞれの状態や状況によってホルモンの投与の量は変化します。
まずは血液検査をする事です。
のみぐすりの女性ホルモンを使っている人は、ホルモンの開始前に、血液検査をしない場合が多いですが、女性ホルモン注射でホルモン療法を進める人は血液検査をします。
自分が今女性ホルモンを開始できる状態にあるか判断するために血液検査は必ず受けます。
次にホルモンの投与ですが、理想は14日おきに5ミリグラムの女性ホルモン注射がいいのですが、病院によってはプロギノンデポー1アンプル10ミリの物しか置いていません。
2週間に1回1アンプルを注射していきます。
そして女性ホルモンを投与し始めてから1ヶ月が過ぎたら、血液検査を行います。
血液検査は内科や婦人科、泌尿器科でも可能です。
血液検査の結果は1週間で結果がでます。
男性ホルモン値が下がっているようなら問題がありません。
女性ホルモンの量は28日おきに量を増やすことが出来ます。