女性は男性よりも痛みに強い?

女性は男性よりも痛みに強いと言われることがあります。
一見、男性は殴り合いのケンカやボクシングや激しいスポーツなどで痛みを経験することが多く痛みに強そうな印象です。
一方女性のほうがか弱いイメージがします。
痛みというのは人それぞれ感じ方が違かったり、平等な尺度がない分現しづらいものです。
女性が男性より痛みに強いと言われるのは、女性特有のものだと思います。
女性は毎月生理が起こります。
中には生理痛は全くないというかたも多いですが、中には倒れこんでしまうような生理痛に毎月悩まされるかたもいます。
また、全ての女性とは言えませんが女性は出産を経験します。
男性がこの出産を経験すると、あまりの陣痛の痛さに気絶するとも言われます。
特に、この女性は男性より痛みに強いと言われるのは、この出産の痛みに耐えられるかというところが大きいようです。
また、出産を経験すると女性は強くなります。
これだけの痛さと大変さを経験したという自信がそうさせるとのことです。
何かあると、出産の痛みや大変さに比べたら何でもないと思えてしまうのです。
また、男性は血液を見ただけでパニックになって痛さが増すがあります。
女性は血液を見ることには慣れてますので、少々はそういう面では違うのです。