避妊薬として使われなくなったエチニルエストラジオール

経口避妊薬として知られているトリキュラーには、女性ホルモンが配合されています。
女性ホルモンを体内に補充することによって、体に「妊娠している」という信号を送ります。
このことによって子宮内の環境を妊娠できる状態にしないことで、避妊を実現するというシステムです。
トリキュラーには、卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオール、黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルという2種類の女性ホルモンが配合されています。
トリキュラーを体内に補充すると排卵が起きなくなったり、精子が子宮頚管を通りにくくなったり、受精卵が子宮内膜に着床しにくくなるなどという効果が現れます。
この3つのうち1つでも起きれば通常は妊娠は成立しないのですが、トリキュラーでは2種類のホルモンを配合することによって、これら3つの現象を起きやすくして妊娠を防いでいます。
また、これらのホルモンは多く摂り過ぎると体内のホルモンバランスを乱し、体に悪影響を与えてしまいます。
トリキュラーはこれらの女性ホルモンの配合量をできるだけ減らした低用量ピルです。
低用量ピルは副作用が少ないのが特徴です。
また、避妊というメインの効用以外の副効用があることも最近の研究結果によって明らかになってきました。
女性ホルモンを補充することによって、体内のホルモンバランスを整え、生理痛や生理不順の改善に効果が認められています。
また妊娠していると体に勘違いをさせて子宮を休ませることから、子宮頸がんや卵巣がんなどの予防にも繋がるとされています。
避妊薬として使われなくなった薬についても、飲み続けることによってこれらの女性特有の病気の予防に繋がります。
また、更年期障害や骨粗しょう症の予防にも効果があると考えられています。